確定拠出年金(企業型DC)運用サマリ2021年03月(年利回り「40.25%」ポートフォリオ)

f:id:miyamori_k:20210411163018j:plain

確定拠出年金(以下、企業型DC)の始まり

私が社会人生活において確定拠出年金に参入する切っ掛けとなった記事はこちらから。

look-good-on-paper.hatenablog.com

保有投資信託

採用されている企業型DCによって運用先が異なる為、分類レベルで記載しています。

2021年03月末に積み立てをしている投資信託の一覧は下表の通りです。

※ 純粋にインデックス投資のみで資産運用を行っています。

名称 分類 積立比率 積立状況
外国株式インデックス 先進国株式 65% 継続
国内株式インデックス 国内株式 35% 継続
国債券インデックス 先進国債 0%
国内債券インデックス 国内債券 0%

拠出限度額

企業型DCは将来に受け取れるお金である為、

今、手元で使える資産が減る事はデメリットですが、代わりに節税効果があります。

節税効果や値上がりを上回るパフォーマンスを出せるならば、

本制度において、限度額までの拠出は不要だと私は考えます。

しかし、ミヤモリはそういった才覚に恵まれていない為、

現在は月の限度額まで拠出をしています。

利益率推移

下図は資産評価額の推移のグラフです。

f:id:miyamori_k:20210411165958j:plain:w500
緑色の線として運用利回り「10.0%」の線を引いてみました。

拠出開始以来の年利回りは「12.36%」

至近1年の年利回りは「40.25%」

至近3年利回りは「12.44%」

至近5年利回りは「12.55%」といった結果になりました。

至近1年間の利回りは多くの投資家の方々も同様の結果となっていると思います。

それ程に世界的な金融緩和政策は投資家の富を増幅させる結果を生みました。

※ 勿論、世界不況に歯止めを掛ける為のものである事に違いはありませんが…

おわりに

確定拠出年金の記事はこの記事で2記事目です。

個人の金融資産とは異なり、金額も少額ですので、半期に一度の棚卸しとしました。

お金との付き合い方はライフスタイルに依存します。

私のポートフォリオや利回りの推移等が誰かの参考になれば幸いです。

資産運用サマリ2021年03月(資産額:先月比「+3.84%」、年初比「+7.44%」)

f:id:miyamori_k:20210411160826j:plain

私がインデックス投資にシフトしたワケ

過去の前半部にて記載していますので、興味のある方はご覧ください。 look-good-on-paper.hatenablog.com

当月のトピック

東日本大震災から10年
 → あれからもう10年経ったとしても、癒えない傷もあるものです。

スエズ運河にてコンテナ船座礁
 → 海運業の輸送量の迫力は未だに圧巻のスケールです。

保有投資信託

保有している投資信託の一覧は下表の通りです。

名称 分類 投資開始月 積立状況
レオスひふみプラス 国内 2017年04月
ニッセイ外国株式インデックスファンド 先進国(国内除く) 2017年04月 継続
三菱eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 先進国(国内除く) 2019年10月 継続
三菱eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 先進国(米国) 2018年10月 継続
大和iFreeNEXT NASDAQ100インデックス 先進国(米国) 2020年02月 継続
大和iFreeレバレッジNASDAQ100 先進国(米国) 2020年08月 ポイント獲得次第
三菱eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 新興国 2018年03月 継続

新規積立金額

今月の新規積立金額:「¥207,000」でした。

2021年1月から月25万円を上限に積み立てを行う方針に変更しています。

暦の関係上、25万円まで毎月積み立てられていない為、

来月から週の積立額を少額ですが増額します。

ポートフォリオ

評価額ベースのポートフォリオは下図の通りです。
f:id:miyamori_k:20210411160754j:plain:w500

利益率推移

当月の株式、投資信託の利益率(先月比)は「+3.84%」でした。

※ 私のポートフォリオ期待リターンは「+5.27%」です。

年初を 0%の利益率と換算した場合の利益率(年初比)は「+7.44%」でした。

f:id:miyamori_k:20210411160539j:plain:w500

今年も世界的な金融緩和が継続している事から上昇意欲の強い相場が続いています。

反動はいつか来るのですが、積み立て投資の場合はそれらを意識せずに粛々と積み立てる。

その活動に尽きると思います。

資産割合

資産割合は下図の通りです。

f:id:miyamori_k:20210411160942j:plain:w500

現金比率は20%を下回らないように投資活動を行っています。

この20%は生活費の一部である事は勿論の事、

市場が暴落した際の軍資金として確保しているものです。

市場が牙を剥いて噛み付いてくる経験を私は何度もしている為、この現金は非常に重要です。

資産推移

資産額は公開出来ませんが、推移をイメージとして掲載します。図の左端が2012年であり、右端が現在になります。
※ 資産額のスナップショットを記録し始めたのが2012年の為、8年分の推移イメージです。

f:id:miyamori_k:20210411161225j:plain:w500

基本的に右肩上がりになっていますが、

それは本業の給与所得によるものの為、投資成績と「ほぼ」関係がありません。

ただ、2020年3月の株価の大底からの資産の増加については投資成績による影響が顕著に現れています。

尚、資産運用サマリ2020年08月にも書きましたが、

実は投資を始めた学生の頃からジタバタせず、

ただ積立投資を続けていれば、今の資産は現時点の数倍になっていた事もあり、

これから投資を始める方は、

資産運用のゴールを見据えてお金とうまく付き合っていって下さい。

おわりに

年度末という事もあり、本業は多忙を極めていました。

多忙を極められる仕事が私に与えられている事自体に感謝の念を抱かざるを得ません。

何かを作り上げ、価値の創造の一翼を微力ながら出来ている事は、私の生き甲斐の一つであります。


FIRE(経済的自立と早期リタイア)

そういった考え方も日本では定着しつつある未来が見えますが、

何を重きに人生を生きていくのかは、本人の価値観に依存するものとなります。

そして、本人とその環境によっても大きく左右されるものになります。

その為、本当にFIREという選択肢が理想なのか?は冷静になって考えたいものです。

こういった公開情報が誰かのお役に立てば幸いです。

※ こういった情報を書いて欲しい。といったご要望も随時受け付けています。

【2020年総括】ポイ活実績記録(初心者が疲弊しない為に)

f:id:miyamori_k:20210320123158j:plain

2020年総括として

ポイ活の実績がどの様なものになったかを記載しています。

ポイ活に興味があるけど踏み出せていない

ポイ活をするならどのサービスが良いのか悩んでいる

初心者がポイ活をするとどの程度のポイントが得られるのか?

そういった方々の助けになれば幸いです。

この記事ではミヤモリが疲弊したポイ活についても記載している為、

自分自身が疲弊しないポイ活を楽しんでくださいね。

ポイ活とは?

日々何かしらサービスを受け対価を支払う時、ポイントというものが付与されます。

そういった事は真新しい事ではなく、様々な業種、企業で行われており、

現在は様々な「xxxポイント」が乱立しています。

そういったポイントをうまく活用して日々の暮らしを豊かにしましょう。

というのがポイ活です。

大手の共通ポイント - 全体俯瞰

少し古い(2019.04.14)情報にはなりますが、

全体を俯瞰するには光文社(FLASH編集部)さんの図解が分かりやすいです。

引用元は以下のURLですが、画像もお借りしております。

smart-flash.jp

f:id:miyamori_k:20210320131743j:plain:w750

さて、大手の共通ポイントを俯瞰で確認した後は、

どの共通ポイントを貯めて、使おうと考えているのかを考えましょう!

これはあくまでご自身のライフスタイルに応じて考えて下さい。

そうしなければ、以下の様な事態に遭遇してしまいます。

・貯まっているが使い道がない。

・仕方がなくサービスを使う羽目になる。

例えばミヤモリの場合は、

楽天のサービスはほぼ使わない生活をしている為、楽天ポイントは貯めていません。

楽天ポイントだけが貯まるお店の場合は、楽天ポイントを提示していますが、小銭程度です。

大手の共通ポイント - 個別紹介

会員数の多さから並べてみますが、ポイ活を行う軸を定めましょう。

軸が複数ある方も勿論いらっしゃると思いますので、

相互に貯める・使うでも良いですし、ポイントを交換する事でポイントを移動させる等。

次はそういったポイントの効率的な交換方法を調べると良いと思います。


ロゴ 名称 備考
f:id:miyamori_k:20210320131358j:plain:w100:h100 楽天ポイント 楽天が運営しているポイントサービス
国内のeコマースとしては最大の同社が実店舗でも利用が出来る様にサービスを拡充し、より街でのぼりを見かけるようになりました。
楽天のサービスを多く利用している方は、このポイントをポイ活の軸にしましょう。楽天経済圏という言葉も良く耳にします。
f:id:miyamori_k:20210320131801j:plain:w100:h100 Pontaポイント ロイヤリティ マーケティングが運営しているポイントサービス
ほぼ耳にした事がない会社名だと思いますが、三菱商事、ローソン、KDDIリクルート日本航空といった株主が顔を揃える会社です。
Pontaの名称は2つの意味があります。
1つ目が「Point Terminal(Ponta参加企業が本サービスを核に集まり、ポイントが循環していく様子を交通路線が集中するターミナルに見立てて命名)」
そして2つ目が「キャラクター名(たぬき)」です。
株主に名を連ねていた会社のサービスを利用している方は、このポイントをポイ活の軸にしましょう。
f:id:miyamori_k:20210320131814j:plain:w100:h100 Tポイント カルチュア・コンビニエンス・クラブが運営しているポイントサービス
街のTSUTAYAや蔦屋書店でお馴染みですが、投資家の方々だと、2011年に上場廃止になった事を覚えていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。
現在はCCC以外にもヤフーとソフトバンクも株主に名を連ねており、ソフトバンクのサービスを多く利用している方は、このポイントをポイ活の軸にしましょう。ソフトバンク経済圏という言葉も良く耳にします。
f:id:miyamori_k:20210320131827j:plain:w100:h100 dポイント NTTドコモが運営しているポイントサービス
dポイントとして名前を変えた当たりから、より街でのぼりを見かけるようになりました。しかし、未だにNTTドコモ色が強い印象です。NTTドコモのサービスを多く利用している方は、このポイントをポイ活の軸にしましょう。

大手の共通ポイント以外のポイ活

近年はキャッシュレス決済(楽天ペイ、PayPay)によるポイントや、

大手ポイントサイト(モッピー、ハピタス)のポイント等もポイ活には含まれます。

ポイ活実績記録

ミヤモリの2020年のポイ活実績は下図の通り「¥39,600」でした。
f:id:miyamori_k:20210320150636j:plain:w500

ポイ活として上記までで紹介していない

投信マイレージサービスが1位の稼ぎ頭になっています。

こちらはSBI証券のポイントサービスであり、

投資信託の評価額に応じて毎月ポイントが貯まるというものになります。

個別株の配当金に比べれば微々たる還元率ですが、頂けるものは有り難く頂きます。

尚、SBI証券の場合は、Tポイントとして還元されますし、Tポイントをそのまま投資に回せます。

f:id:miyamori_k:20210320151454j:plain:w500

PayPayが2位の稼ぎ頭になっています。

これはキャッシュレス決済のキャッシュバックも含んでいる為、

継続的にここまで獲得する事は難しいかもしれません。

しかし、クレジットカード(ヤフーカード)からPayPayにチャージ。

又は、キャリアのおまとめ決済からPayPayにチャージ。から、PayPayを利用する。

といったポイントの二重取り、三重取りが可能ですので、

キャッシュレス決済は積極的に使っていきましょう。

他にもキャッシュレス決済の中には、そのポイントを運用する事が出来ます。

ミヤモリの場合は今この程度の運用利回りとなっており、

現金支払いでは得られなかったお金の為、少々攻めて運用しています。

f:id:miyamori_k:20210320155143p:plain:w300

疲弊しないポイ活をしよう

コスパが良い。悪い。という言葉がありますが、

ポイ活はまさにコスパが悪いものは頑張らない。

続けられない事はやらない事が疲弊しないコツだと思います。

何より時間は有限ですので、失った時間は戻ってきません。

ポイ活そのものが趣味ならば良いですが、そうでない場合は疲弊せずに続けられるものを選びましょう。

おわりに

実はモッピーについての記事をまとめるつもりでした。

しかし、獲得したポイントをかき集めるとポイントサイトの割合は少なく、

費用対効果を見れば微々たるものでしたので、あるがままをお伝えする事にしました。

結局の所、自分自身のライフスタイルとコスパが良いポイ活はどこまでか?を明確にし、

ポイントと良いお付き合いをして頂ければと思います。

最初に記載した方々の何かしらのお役に立てば幸いです。